Premiere Pro

タイムラインの拡大・縮小!PremierePro便利な方法3つ解説

Premiere Proで編集していると、

・タイムラインが小さすぎて綺麗にカットできない
・タイムライン全体が見たいんだけど、どうすればいいの?

など、タイムラインの拡大・縮小が必要になるときってありますよね!?

タイムラインの拡大・縮小が簡単にできるようになると、編集速度が格段に上がります。

そこで今回は、Premiere Proでタイムラインを拡大・縮小する方法を解説します。

Premiere Proでタイムラインを拡大・縮小する方法

Premiere Proでタイムラインを拡大・縮小する方法は、

  1. スクロールバーを使う
  2. ズームツールを使う
  3. ショートカットキーを使う

の3つがあります。

以下で、1つずつ解説していきます。

①スクロールバーを使って拡大・縮小する方法

タイムラインパネルの下部にあるスクロールバーで拡大・縮小する方法です。

スクロールバーの丸い部分にカーソルを持っていくと手の表示に変わります

そのまま左右に移動させることで、タイムラインを拡大・縮小することができます。

スクロールバーの幅を

  • 拡大:狭くする
  • 縮小:広くする

ことで使い分けることができますよ。

②ズームツールを使って拡大・縮小する方法

ツールパネルのズームツールで拡大・縮小する方法です。

ズームツールは、手のひらツールと一緒にまとまっています。

手のひらツールから切り替えたい場合は、クリック長押しでズームツールに替えることができます

ズームツールのまま、

  • 拡大:タイムラインをクリック
  • 縮小:Alt(option)を押したままタイムラインをクリック

で使い分けることができますよ。

③ショートカットキーを使って拡大・縮小する方法

ショートカットキーで拡大・縮小する方法です。

Premiere Proでは、ショートカットキーと呼ばれるキーボードに対して操作を割り当て、マウス移動の手間を省き、作業を簡略化する機能があります。

タイムラインの拡大・縮小のショートカットキーは、デフォルト設定の場合、

  • 拡大: =(Windows)/ ^(Mac)
  • 縮小: –

タイムラインパネルを選択した状態で押すと使用できます。

ちなみに、私は上記のショートカットキーを使いやすいように「S(拡大)」と「A(縮小)」にカスタマイズして使用しています。

ショートカットのカスタマイズ方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

タイムラインパネルのトラック幅を拡大・縮小する方法

タイムラインパネルでは、トラック幅も拡大・縮小することができます

方法は、

  1. スクロールバーを使う
  2. 余白部分をダブルクリックする
  3. ショートカットキーを使う

の3つがあります。

トラック幅の拡大・縮小は、使用するトラックの数が増えてくると必要になる操作です。

以下で、1つずつ解説していきます。

①スクロールバーを使って拡大・縮小する方法

タイムラインパネルの右側にあるスクロールバーで拡大・縮小する方法です。

スクロールバーの丸い部分にカーソルを持っていくと手の表示に変わります

そのまま上下に移動させることで、タイムラインを拡大・縮小することができます。

スクロールバーの幅を

  • 拡大:狭くする
  • 縮小:広くする

ことで使い分けることができますよ。

②余白部分をタブルクリックして拡大・縮小する方法

トラックの余白部分をタブルクリックして拡大・縮小する方法です。

この方法では、トラック幅の拡大・縮小パターンは1つしかありません

自分好みの幅にしたい場合は、先ほど解説したスクロールバーで調節しましょう。

③ショートカットキーを使って拡大・縮小する方法

ショートカットキーで拡大・縮小する方法です。

タイムラインの拡大・縮小のショートカットキーは、デフォルト設定の場合、

  • ビデオトラックの拡大:Ctrl(Command)+ =
  • ビデオトラックの縮小:Ctrl(Command)+ –
  • オーディオトラックの拡大:Alt(option)+ =
  • オーディオトラックの縮小:Alt(option)+ –

タイムラインパネルを選択した状態で押すと使用できます。

タイムラインの拡大・縮小にショートカットを使うべき理由

タイムラインの拡大・縮小の方法を3つ解説しましたが、個人的にはショートカットキーを使うべきだと思っています

理由は、

  • マウス操作が不要
  • 作業時間が短縮できる
  • 好みの配置にカスタマイズできる

の3つです。

以下で、詳しく解説します。

理由①:マウス操作が不要

ショートカットキーを使うと、マウス操作で手を移動させる必要がありません

つまり、編集速度が上がり効率UPにつながります。

「そんなちょっとのことで?」と思うかもしれませんが、動画編集はただでさえ時間がかかります。

ですから、避けられるムダは削るべきです。

特にスクロールバーでの拡大・縮小は、細かい操作で時間がかかります

ショートカットキーだと一気に操作できるので、使わない手はありません!

理由②:作業時間が短縮できる

タイムラインの拡大・縮小に加えて、全工程にショートカットキーを使うと作業時間はさらに短縮できます

ショートカットは、カットやテロップ入力でも使うことができます。

詳しい方法について知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

キーボード上だけで操作を完結させることができるので、効率UPになりますよ!

理由③:好みの配置にカスタマイズできる

ショートカットは、好みの配置にカスタマイズすることができます

作業しやすいレイアウトにして、手の移動を極限まで減らすのがおすすめです。

ショートカットのカスタマイズ方法については、こちらの記事を参考にしてみてください。

まとめ

今回は、Premiere Proでタイムラインを拡大・縮小する方法を解説しました。

タイムラインの拡大・縮小が簡単にできるようになると、編集速度が格段に上がります。

解説した方法を使って、編集速度を上げていきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。