Premiere Pro

キーフレームの打ち方!Premiere Proでアニメーションを作成する方法

今回は、Premiere Proでのキーフレームの打ち方をご紹介します。

Premiere Proではキーフレームを使うことで、アニメーションをつけることができます。
しかし、

・キーフレームつけるのってなんか難しそう…
・手順が複雑そうだから、私には無理かも…

と思っている人もいるのではないでしょうか?

安心してください!アニメーションを作るのに必要なキーフレームは、2ヶ所だけです!

収益化しているYouTuberの動画編集を担当している私が、実際に使っている方法をわかりやすく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

【この記事は、約5分で読めます】

Premiere Proでのキーフレームの打ち方

キーフレームとは、アニメーションの開始点と終了点を示すもの

Premiere Proでキーフレームを打つには、エフェクトコントロールパネルを使います。

手順は、以下の3ステップです。

  1. アニメーションを追加するクリップを選択
  2. アニメーションの開始点にキーフレームを追加
  3. アニメーションの終了点にキーフレームを追加

上記のようなアニメーションをつける方法を例に、手順を1つずつ解説していきます。

①アニメーションを追加するクリップを選択

タイムラインパネルで、アニメーションを追加するクリップを選択します。

クリップを選択後、エフェクトコントロールパネルを開きます。

エフェクトコントロールパネルは、クリップを選択していないと項目が表示されません

キーフレームを追加する前に、必ずクリップ選択をしましょう!

ワークスペースにエフェクトコントロールパネルが出ていない場合は、
メニューバーの「ウィンドウ」→「エフェクトコントロールパネル」
で表示できます。

②アニメーション開始点にキーフレームを追加

アニメーションの始まりである開始点にキーフレームを追加します。

手順は、以下の通りです。

  1. アニメーションの始まり(開始点)に再生ヘッドを移動
  2. 時計マークをクリックしてキーフレームを追加
  3. 数値を指定

③アニメーション終了点にキーフレームを追加

続いて、アニメーションの終わりである終了点にキーフレームを追加します。

手順は、以下の通りです。

  1. アニメーションの終わり(終了点)に再生ヘッドを移動
  2. くさびマークをクリックしてキーフレームを追加
    ※「くさびマーク」をクリックせず、すぐに数値入力でもOK
  3. 数値を指定

以上で、キーフレームを追加し、アニメーションをつけることができました。

キーフレームは、1ヶ所だけではアニメーションにすることができません

アニメーションとして動きをつける場合は、必ず2ヶ所以上にキーフレームを追加しましょう!

キーフレームの移動、削除の方法

キーフレームは、移動や削除をすることができます。

1つずつ、解説していきます。

キーフレームの移動方法

キーフレームは、マウスでつかんで動かすことで、移動させることができます

マウスでつかむとキーフレームから黒い線が出ます。

予め再生ヘッドを移動先に動かして、黒い線を合わせるようにキーフレームを移動させると、意図したところに移動できますよ。

また、くさびマーク横の三角マークをクリックすると、キーフレーム間の移動が可能です。

キーフレームに再生ヘッドを合わせる場合は、三角マークでの移動を使いましょう。

キーフレームの削除方法

追加したキーフレームは、以下2通りの方法で削除できます。

  1. 選択して「Ⅾelete」キーを押す
  2. 右クリック→「消去」

キーフレームは選択すると青く光ります。

削除する場合は、キーフレームが青く選択されていることを確認してからおこないましょう。

キーフレームを使ったアニメーション3選

キーフレームを使って、テロップにアニメーションをつける実例を

  • スライドイン
  • ズームイン
  • フェードイン

の3つ、ご紹介したいと思います。

ご紹介するキーフレームの位置を反対にすれば、それぞれ
「スライドアウト」「ズームアウト」「フェードアウト」にすることも可能です。

今回は以下のようなテロップに、アニメーションをつける方法を例に解説していきます。

スライドイン

テロップをスライドインさせる方法は、以下の通りです。

  1. タイムラインパネルでテロップのクリップを選択
  2. エフェクトコントロールパネルでアニメーション開始点に再生ヘッドを移動
  3. 位置」の時計マークをクリックしてテロップが隠れる数値を指定
  4. アニメーション終了点に再生ヘッドを移動
  5. 位置」の数値を「960、540」指定

以上で、テロップをスライドインさせることができます。

動画にすると、このようになります。

ズームイン

テロップをズームインさせる方法は、以下の通りです。

  1. タイムラインパネルでテロップのクリップを選択
  2. エフェクトコントロールパネルでアニメーション開始点に再生ヘッドを移動
  3. スケール」の時計マークをクリックして数値を「0」に指定
  4. アニメーション終了点に再生ヘッドを移動
  5. スケール」の数値を「100」に指定

以上で、テロップをズームインさせることができます。

動画にすると、このようになります。

フェードイン

テロップをフェードインさせる方法は、以下の通りです。

  1. タイムラインパネルでテロップのクリップを選択
  2. エフェクトコントロールパネルでアニメーション開始点に再生ヘッドを移動
  3. 不透明度」の時計マークをクリックして数値を「0」に指定
  4. アニメーション終了点に再生ヘッドを移動
  5. 不透明度」の数値を「100」に指定

以上で、テロップをフェードインさせることができます。

動画にすると、このようになります。

まとめ

今回は、Premiere Proでのキーフレームの打ち方を解説しました。

キーフレームを数ヶ所に打つだけで、簡単にアニメーションをつけることができます。

動画にちょっとした変化をつけるためにも、キーフレームを活用してみましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。