Premiere Pro

ショートカットの設定【Premiere Pro】おすすめもご紹介

今回は、Premiere Proでおすすめのショートカットと設定方法をご紹介します。

Premiere Proで編集しているとき

・マウス操作がめんどくさいな…
・ショートカットとか設定できるのかな?

と感じている人もいると思います。

Premiere Proでは、ショートカットをキーボードに割り当てることで、作業を効率化することが可能です

そこで今回は、ショートカットを使った編集で作業を約50%も短縮した私が、実際に使っているショートカットを解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

Premiere Proでショートカットを設定する方法

では、Premiere Proでショートカットを設定する方法を解説していきます。

設定するためのステップは、

  1. キーボードショートカットを開く
  2. ショートカットキーの設定

です。

1つずつ解説していきます。

 

①キーボードショートカットを開く

「キーボードショートカット」を開く手順を解説していきます。

メニューバーの「編集」→「キーボードショートカット」をクリックします。

 

すると、「キーボードショートカット」のウィンドウが現れます。

 

「キーボードショートカット」のウィンドウは、ショートカットキーで開くこともできます

ショートカットキーで開く場合は、

  • Ctrl+Alt+K

を押しましょう。

 

②ショートカットキーの設定

「ショートカットキー」を設定する方法を解説していきます。

設定の手順は、以下の3ステップです。

  • Step①:ショートカットを検索
  • Step②:ショートカットキーの枠を追加
  • Step③:ショートカットキーを設定

1つずつ解説していきます。

 

Step①:ショートカットを検索

検索窓で、設定したいショートカットを検索します。

 

Step②:ショートカットキーの枠を追加

表示されたショートカットを選択したまま、「ショートカット」列でもう一度、クリックします。

すると、ショートカットキーを追加するためのが現れます。

 

Step③:ショートカットキーを設定

先ほど追加した枠に、設定したいショートカットキーを設定します。

ショートカットは、半角英数字でしか入力できません。

ショートカットを入力する際には、必ず「半角英数字」に変えてから入力しましょう!

以上が、ショートカットの設定方法です。

 

カット編集で使えるおすすめのショートカットキー

今回は、カット編集で使えるおすすめのショートカットとして、

  1. 取り消し:Shift+Z
  2. 前の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング:Q
  3. 次の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング:W
  4. 編集点を追加:X
  5. ズームイン:S
  6. ズームアウト:A

をご紹介したいと思います。

上3つはデフォルト設定、下3つは手の移動を減らすため、左手側に集まるよう設定しています。

それでは、1つずつ解説しています。

 

①取り消し:Shift+Z

実行した編集作業を取り消すためのショートカットキーです。

ショートカットキーを使わないと

メニューバーの「編集」→「取り消し」をクリック

 というマウス操作が必要になります。

しかし、ショートカットキーを使えば「Shift+Z」の一発で取り消しすることが可能です。

「Shift+Z」は、Premiere Pro以外のソフトでも使用できるショートカットキーになります。

なので、慣れておくと便利なショートカットキーですよ!

 

②前の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング:Q

再生ヘッドがあるところから前の編集点までを削除するショートカットキーです。

ショートカットキーを使わないと

  1. 編集点を追加
  2. クリップを削除
  3. クリップを詰める

 という3つの作業が必要になります。

しかし、ショートカットキーを使えば「Q」の一発で前の編集点までリップルトリミングすることが可能です。

 

③次の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング:W

再生ヘッドがあるところから次の編集点までを削除するショートカットキーです。

先ほど解説した「前の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング」と反対の動作になります。

こちらも、ショートカットキーを使わないと

  1. 編集点を追加
  2. クリップを削除
  3. クリップを詰める

 という3つの作業が必要になります。

しかし、ショートカットキーを使えば「W」の一発で次の編集点までリップルトリミングすることが可能です。

 

④編集点を追加:X

クリップに編集点(切り込み)を追加するショートカットキーです。

キーボード上で手の移動を減らすため、「X」に設定するのがおすすめ!

先ほど解説した「リップルトリミング」のショートカットキーと組み合わせて使うことで、高速なカット編集をすることができます。

ショートカットを使った高速カット編集については、こちらの記事で解説しています。

参考にしてみてください。

高速カット編集!Premiere Proショートカットで効率編集今回は、Premiere Proのショートカットを使った高速カット編集をご紹介します。 Premiere Proでカット編集をして...

 

⑤ズームイン:S

タイムラインパネルの表示を拡大するショートカットキーです。

タイムラインパネルの拡大は、細かいカット編集、短いクリップの移動の際などに必須になる操作です。

キーボード上で手の移動を減らすため、「S」に設定するのがおすすめ!

タイムラインパネルの拡大については、こちらの記事でもまとめています。

参考にしてみてください。

タイムラインの拡大・縮小!PremierePro便利な方法3つ解説 今回は、Premiere Proでタイムラインを拡大・縮小する方法をご紹介します。 Premiere Proで編集をしていると ...

 

⑥ズームアウト:A

タイムラインパネルの表示を縮小するショートカットキーです。

タイムラインパネルの縮小は、シーケンス全体の確認、長いクリップの移動の際などに必須になる操作です。

キーボード上で手の移動を減らすため、「A」に設定するのがおすすめ!

タイムラインパネルの縮小については、こちらの記事でもまとめています。

参考にしてみてください。

タイムラインの拡大・縮小!PremierePro便利な方法3つ解説 今回は、Premiere Proでタイムラインを拡大・縮小する方法をご紹介します。 Premiere Proで編集をしていると ...

 

編集全般で使えるPremiere Proのショートカットキー

編集全般で必要な操作として、

  • 再生ヘッドの移動
  • クリップの選択

などがあります。

上記の操作もショートカットキーを使っておこなうことが可能です。

再生ヘッドの移動で使えるショートカットキーは、こちらの記事でまとめています。

参考にしてみてください。

再生ヘッドはショートカットで移動!Premiere Pro効率化術 今回は、Premiere Proで再生ヘッドを移動させるショートカットキーをご紹介します。 Premiere Proの編集中、 ...

 

マウスを使ってやりがちなクリップ移動も、ショートカットキーで操作ができます。

こちらの記事でまとめていますので、参考にしてみてください。

クリップ移動のショートカット!Premiere Proの効率化術 今回は、Premiere Proのクリップ移動で使えるショートカットをご紹介します。 Premiere Proで動画編集している...

 

まとめ

今回は、Premiere Proでおすすめのショートカットと設定方法を解説しました。

Premiere Proで編集するなら、ショートカットを設定し効率化するのは必須だと思います。

最初は慣れないかもしれませんが、回数を重ねて体に覚えこませましょう!

まとめ
  1. ショートカットの設定方法
    ①キーボードショートカットを開く
    ②ショートカットキーを設定
  2. カット編集で使えるショートカットキー
    取り消し:Shift+Z
    ・前の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング:Q
    ・次の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング:W
    ・編集点を追加:X
    ・ズームイン:S
    ・ズームアウト:A
  3. 編集全般で使えるショートカットキー
    ・再生ヘッド移動のショートカット
    ・クリップ移動のショートカット

少しでも動画編集をしている方々の力になれていたら幸いです。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。