Premiere Pro

色を補正する!Premiere Pro 色調・明るさの調整方法

動画を撮ったけど、「全体的に暗い」「色がおかしい」ってことありますよね!?

・夜に撮ったから動画が暗いんだけど、明るくできるかな…
・色を補正したいけど、どうやればいいのかな…
・簡単に色を調整できる方法があればいいのに…

と悩んでいませんか?

せっかく撮影した動画をボツにしなくないですよね!?

Premiere Proでは「Lumetriカラー」で簡単に色を補正をすることができます。

そこで今回は、初心者でも簡単にできるPremiere Proで色を補正する方法について解説をしていきます。

YouTuberの動画編集の際、私も実際に使っている方法を紹介していきますね!

【この記事は、約5分で読めます】

Premiere Proで色を補正する方法

Premiere Proで色補正を行うには、「Lumetriカラー」の「基本補正」を使います。

「基本補正」の値を調整することで、カラーコレクションをおこなうことができます。

カラーコレクションについては、こちらの記事で解説しています。

参考にしてみてください。

カラーコレクションをおこなうことで、

・色味がおかしい動画
・夜に撮影して暗くなってしまった動画

などを、適正な色味に補正することが可能です。

色補正(カラーコレクション)の手順

Lumetriカラーで色補正をおこなう方法は、以下の3ステップです。

  1. クリップを選択
  2. Lumetriカラーを適用
  3. 「基本補正」を調整

以下で、それぞれの手順を解説します。

①クリップを選択

Lumetriカラーを適用したいクリップを選択します。

②Lumetriカラーを適用

Lumetriカラーの適用には、2つの方法があります。

エフェクトパネルから適用

1つ目は、エフェクトパネルから適用する方法です。

エフェクトパネルの「ビデオエフェクト」→「カラー補正」→「Lumetriカラー」からLumetriカラーを選択します。

そして、ドラッグアンドドロップでクリップに適用します。

値の調整は、エフェクトコントロールパネルからおこなえます。

Lumetriカラーパネルから適用

2つ目は、Lumetriカラーパネルから適用する方法です。

メニューバーの「ウィンドウ」→「Lumetriカラー」からLumetriカラーパネルを開きます。

値を調整すれば、勝手にLumetriカラーのエフェクトが適用されます。

③「基本補正」を調整

Lumetriカラー内の基本補正項目を調整していきます。

  • エフェクトコントロールパネルから調整 : 値の指定
  • Lumetriカラーパネルから調整 : 値の指定またはバーを調整

することで、色補正をすることができます。

「基本補正」内にある項目については、次で解説します。

色補正の項目について

色補正をおこなう「基本補正」の項目には、大きく分けると

  • ホワイトバランス
  • トーン
  • 彩度

の3つがあります。

それぞれを詳しく解説します。

ホワイトバランス

ホワイトバランスとは、白を基準に素材シーンの色補正をおこなうもの

  • WBセレクター
  • 色温度
  • 色かぶり補正

の3つからなります。

WBセレクター

WBセレクターは、基準となる白い部分を選択するためのもの

スポイトマークをクリックし、プログラムパネル内の白い部分を選択します。
※今回は、わかりやすくように敢えてクリーム色部分を選択しています。

すると、選んだ部分を「白」と判断して他の部分の色補正を自動でおこないます。

色温度

色温度は、素材シーンを温かく見せるか、冷たく見せるかを決めるためのもの

補正の方法は、以下の通りです。

  • +に調整:オレンジ系
  • -に調整:ブルー系

画像で比較すると、このようになります。

色かぶり補正

色かぶり補正は、変色している白色部分を補正するためのもの

補正の方法は、以下の通りです。

  • +に調整:マゼンタ(紫)系
  • -に調整:グリーン系

画像で比較すると、このようになります。

トーン

トーンとは、素材シーンの「明るさ」を調整して色補正するもの

  • 露光量
  • コントラスト
  • ハイライト
  • シャドウ
  • 白レベル
  • 黒レベル

の6つからなります。

露光量

露光量は、光の量を調整するためのもの

補正の方法は、以下の通りです。

  • +に調整:光の量が多くなり、明るくなる
  • -に調整:光の量が少なくなり、暗くなる

画像で比較すると、このようになります。

コントラスト

コントラストは、明るさのギャップを調整するためのもの

補正の方法は、以下の通りです。

  • +に調整:明るさのギャップが大きくなり、メリハリがつく
  • -に調整:明るさのギャップが小さくなり、メリハリがなくなる

画像で比較すると、このようになります。

ハイライト

ハイライトは、明るい部分のみを調整するためのもの

補正の方法は、以下の通りです。

  • +に調整:明るい部分がさらに明るくなる
  • -に調整:明るい部分が暗くなる

画像で比較すると、このようになります。

シャドウ

シャドウは、暗い部分のみを調整するためのもの

補正の方法は、以下の通りです。

  • +に調整:暗い部分が明るくなる
  • -に調整:暗い部分がさらに暗くなる

画像で比較すると、このようになります。

白レベル

白レベルは、白色部分のみを調整するためのもの

補正の方法は、以下の通りです。

  • +に調整:白色部分が明るくなる
  • -に調整:白色部分が暗くなる

画像で比較すると、このようになります。

黒レベル

黒レベルは、黒色部分のみを調整するためのもの

補正の方法は、以下の通りです。

  • +に調整:黒色部分が明るくなる
  • -に調整:黒色部分が暗くなる

画像で比較すると、このようになります。

彩度

彩度は、素材シーンの元の色を調整することで色補正するもの

補正の方法は、以下の通りです。

  • +に調整:元の色味より鮮やかになる
  • -に調整:元の色味よりぼける

画像で比較すると、このようになります。

まとめ

今回は、Premiere Proで色を補正する方法を解説しました。

色補正を使いこなうだけで、ボツになりそうな動画を生かすことができるかもしれません!

Lumetriカラーを使えば、初心者でも簡単にできるので、ぜひ活用してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。