Premiere Pro

Premiere Proのカット編集とは?超基本の方法4つを伝授

Premiere Proのカット編集ってどうやるのかな?
レーザーツール以外にやり方ってあるのかな?
滑らかにカットできるコツとかある?

といったカット編集について疑問を抱えている人の悩みを解決できる記事になってます。

Premiere Proのカット編集には方法がいくつかありますが、皆さんは使い分けることができていますか?

この記事で紹介する『Premiere Proの基本的なカット編集の方法』を実践していただければ、カット編集の方法だけでなく、効率よく使い分けて編集作業を進めることができるようになりますよ。

なぜなら、私も今回ご紹介する方法で、カット編集のスキルを習得したからです。今では、収益化&チャンネル登録者2000人以上のYouTuberの動画を編集できるまでになっています

この記事では、『Premiere Proの基本的なカット編集の方法』について解説していきます。また、「カット編集の方法を使い分けるコツ」「滑らかでキレイにカットするプチテクニック」も合わせてご紹介します!

Premiere Proの基本的なカット編集の方法

Premiere Proの基本的なカット編集の方法は、4つあります。

  • レーザーツールでのカット編集
  • インマーク・アウトマークでのカット編集
  • プロジェクトパネルでのカット編集
  • ソースモニターでのカット編集

以下で、それぞれの方法を詳しく解説していきます。

 

レーザーツールでのカット編集

レーザーツールでのカット編集は、一番王道な方法で、使うツールは3つです。

  • 再生ヘッド
  • 選択ツール
  • レーザーツール

手順を以下で、解説します。

 

①ツールバーの「レーザーツール」を選択し、カットしたい部分の先頭でクリック

 

②レーザーツールのまま、カットしたい部分の最後尾に再生ヘッドを移動させ、クリック

 

③ツールバーの「選択ツール」を選び、カットしたい部分を選択

 

④「Delete」キーでカットしたい部分を削除

 

⑤カットしてできた空欄を選択し、「Delete」キーでクリップを詰める

以上が、レーザーツールでのカット編集です。

 

トリミングと使い分けましょう!

トリミングとは、クリップの端から不要な部分を切り取ることを指します。もし、クリップの最初、または最後をカットする場合は、カット編集よりもトリミングの方が簡単です。

<トリミングの方法>

ツールバーの「選択ツール」で、トリミングしたいクリップを選択する

②選択ツールのまま、クリップの端に持っていく

③「【 」のマークでクリックしたまま、カットしたい部分まで縮める

クリップのどの部分をカットしたいのかによって、トリミングとカットを使い分けてみてください。

 

さらに効率的にカット編集する方法

レーザーツールでのカット編集は、ショートカットを使うことで、さらに効率的にカット作業を進めることができます。

ショートカットを使ったカット編集については、こちらの記事を参考にしてみてください。

高速カット編集!Premiere Proショートカットで効率編集今回は、Premiere Proのショートカットを使った高速カット編集をご紹介します。 Premiere Proでカット編集をして...

 

インマーク・アウトマークでのカット編集

インマーク・アウトマークでのカット編集は、「(インマーク)」「 }(アウトマーク)」を使ってカットする方法です。

  • インマークを出す:キーボードの「I」を押す
  • アウトマークを出す:キーボードの「O」を押す
  • イン/アウトマークの両方出す:キーボードの「X」を押す

それぞれのマークは、上記の方法で出すことができます。

手順を以下で、解説します。

 

①インマーク、アウトマークを出す

 

②カットしたい部分の先頭にインマーク、最後尾にアウトマークがくるように移動

 

③「Shift+Delete」でカットしたい部分を削除

以上が、インマーク・アウトマークでのカット編集です。

 

インマーク、アウトマークの消し方

インマークは「Ctrl+Shift+I」、アウトマークは「Ctrl+Shift+O」で消すことができます。

 

プログラムパネルでのカット編集

プログラムパネルでのカット編集は、さきほど解説したインマーク・アウトマークでのカット編集をプログラムパネルでやる方法になります。使うツールは3つです。

  • インマーク
  • アウトマーク
  • 抽出

手順を以下で、解説します。

 

①キーボードの「I」またはプログラムパネル上の「{ 」を押し、インマークを出す
同様に、キーボードの「O」またはプログラムパネル上の「 }」を押し、アウトマークを出す

 

②カットしたい部分の先頭にインマーク、最後尾にアウトマークがくるように移動

 

③「抽出」を押し、カットしたい部分を削除

以上が、プログラムパネルでのカット編集です。

 

カット部分を空欄にする方法

「抽出」の代わりに「リフト」を押すと、クリップが前にシフトすることなく、カット部分だけが削除されます。カットされた部分は空欄のままになるので、他の素材を入れたい場合は、「リフト」でカットするのがオススメです。

 

ソースモニターでのカット編集

ソースモニターでのカット編集は、不要な部分を削るといったカット方法ではなく、必要な部分をカットする方法になります。作業は、ソースモニターでおこないます。

 

①プロジェクトパネルで素材となる動画をダブルクリック

素材となる動画をダブルクリックするとソースモニターが現れます。

 

②使いたい部分の先頭にインマークを移動

 

③使いたい部分の最後尾にアウトマークを移動

 

④映像部分をクリックでつかんだまま、タイムラインパネルにドラックアンドドロップドロップ

以上が、ソースモニターでのカット編集です。

 

カット編集の方法を使い分けるコツ

さきほど解説した基本的な4つのカット編集の方法ですが、カットしたい部分の大きさによって、使い分ける必要があります。

なぜなら、カットする対象には、大きいものもあれば小さいものもあるからです。1つのシーンを丸ごと削除するのであれば大きなカットですし、1秒以下の細かな削除であれば小さなカットになります。

さきほど解説したカット編集の4方法を図すると下記のようになります。

レーザーツールは、他のカット編集方法と比較して、唯一、コマ送りを使って1秒以下の細かいカットもおこなうことができます。なので、小さなカット作業が必要な場合は、レーザーツールでのカット編集がオススメです。

インマーク・アウトマークでのカット編集プログラムパネルでのカット編集は、インマーク、アウトマークの範囲を一気にカットすることができます。なので、大きなカット作業が必要な場合に最適です。

ソースモニターでのカット編集は、今回ご紹介したカット編集の4方法の中で、唯一、必要な部分をカットする方法です。なので、カット作業にプラスして、素材となる動画を塊にわけて並び替えたい場合に便利になります。

工程の順序でみると、下記のように使い分けるのがオススメですよ。

ぜひ、使い分けてみてください。

 

滑らかでキレイにカットするプチテクニック

ここまで、カット編集の方法について解説してきましたが、より滑らかでキレイにカットするためにのプチテクニックを2つご紹介します。

  • 波形に沿ってカット
  • 話し始めと話し終わりには無音を少し残す

以下で、詳しく解説していきます。

 

波形に沿ってカット

プチテクニックの1つ目は、クリップ上の波形を活用することです。

波形は、話している声など、音がなっているところは波形が波打ちます。一方、声を出していないところでは、波形は直線のままです。

つまり、「波形が直線になるところから、波形が波打つ前まで」をカットすることで、キレイにカット編集することができます。

私の経験では、波形に沿ってカットして2つのクリップをなぎ合わせると、カットしたにも関わらず、スラスラ話しているように編集することができるのです。

トーク系の動画編集で、「どの辺からカットすればいいのかわからない」と感じている人は、ぜひ試してみてください。

発音の弱い「さ行」などから始まると場合は、盛り上がり直前よりも少し前でカットが必要になる場合があります。その時は、1~2コマ戻してカットしてみてください。

 

話し始めと話し終わりには少し無音を残す

プチテクニックの2つ目は、話し始めと話し終わりには少し無音を残すことです。

人が話すとき、話し始めにはボリュームアップ、話し終わりにはボリュームダウンが起こります。そのため、話し始めと話し終わりには、ちょっとした無音が生じるのです。

ですから、話し始めと話し終わりのちょっとした無音を再現することが、滑らかでキレイなカット編集につながるのです。

トーク系の動画編集では、話し始めと話し終わりに少し無音を残して自然なカットになるようにしてみましょう。

 

まとめ

今回は、『Premiere Proの基本的なカット編集の方法』について解説してきました。

ご紹介した基本的な4つのカット方法を理解して、場合に応じて上手に使い分けてみてください。そうすれば、効率的に作業できるだけでなく、滑らかでキレイにカットすることができるようになりますよ!

まとめ
  1. Premiere Proの基本的なカット編集の方法
    ・レーザーツールでのカット編集
    ・インマーク・アウトマークでのカット編集
    ・プログラムパネルでのカット編集
    ・ソースモニターでのカット編集
  2. カット編集の方法を使い分ける
  3. 滑らかでキレイにカットするプチテクニック
    ・波形に沿ってカット
    ・話し始めと話し終わりには無音を少し残す

動画編集をしている方々の力に少しでもなれていたら幸いです。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。