Premiere Pro

カットを使い分ける!Premiere Pro超基本の4つの方法

Premiere Proでのカットには、レーザーツールの他にいくつかの方法が存在します。

皆さんは、TPOに合わせて使い分けることができていますか?

カットの方法を上手に使い分けることで、作業の効率もUPします。

そこで今回は、Premiere Proの基本的なカット方法を4つご紹介します。

カット方法の使い分けるコツ」や「きれいにカットするプチテクニック」も合わせて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Premiere Proの基本的なカット方法4選

Premiere Proの基本的なカット方法は、

  1. レーザーツールでのカット編集
  2. インマーク・アウトマークでのカット編集
  3. プロジェクトパネルでのカット編集
  4. ソースパネルでのカット編集

の4つがあります。

以下で、1つずつ解説して行きます。

レーザーツールでのカット

レーザーツールのカットは、1番王道な方法です。

使うツールは、

  1. 再生ヘッド
  2. 選択ツール
  3. レーザーツール

の3つです。

ツールパネルから「レーザーツール」を選択し、カット部分の先頭でクリックします。

続いて、カット部分の最後に再生ヘッドを移動させてクリックします。

ツールパネルから「選択ツール」を選び、カット部分を選択してDeleteキーで削除します。

カットしてできた空欄を選択し、Deleteキーでクリップを詰めます。

以上が、レーザーツールでのカット方法です。

カットとトリミングを使い分けましょう

レーザーツールでのカットでは、トリミングとの使い分けをしましょう

トリミングとは、クリップの端から不要な部分を切り取ること。

クリップの最初や最後を削除する場合は、カットではなくトリミングの方が簡単です。

トリミングの方法は、

  1. ツールバーの「選択ツール」を選び、クリップを選択する
  2. 選択ツールのまま、クリップの端にマウスを持っていく
  3. 「【 」のマークでクリックしたまま削除したい部分を縮める

の3ステップです。

クリップのどの部分を削除するのかによってカットとトリミングを使い分けましょう。

さらに効率的にカットする方法

レーザーツールでのカットは、ショートカットキーを使うことでさらに効率化できます。

ショートカットを使ったカットの方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。

インマーク・アウトマークでのカット

インマーク・アウトマークでのカットは、「 」「 を使ってカットする方法です。

インマーク・アウトマークは、

  • インマークを出す:キーボードの「 I 」を押す
  • アウトマークを出す:キーボードの「 O 」を押す

でタイムライン上に出すことができます。

カットの方法は、以下の3ステップです。

①マークを出す

まずは、インマークアウトマークを出します。

②カットしたい部分にマークを移動

カットしたい部分を挟むように、先頭にインマーク最後にアウトマークがくるよう移動させます。

③カットしたい部分の削除

カットしたい部分をインマークとアウトマークで挟んだら、「Shift+Delete」で削除します。

以上が、インマークとアウトマークを使ったカットの方法です。

インマークとアウトマークは、

  • インマーク:Ctrl+Shift+I(Windows)/ Option+I(Mac)
  • アウトマーク:Ctrl+Shift+O(Windows)/ Option+O(Mac)

でタイムライン上から消すことができますよ。

プログラムパネルでのカット

プログラムパネルでのカットは、先ほど解説したインマーク・アウトマークを使ったカットを「プログラムパネルでおこなう方法です。

方法は、以下の3ステップです。

①マークを出す

まずは、インマークアウトマークを出します。

  • キーボードの「 I 」を押す
  • プログラムパネル上の「{ 」をクリック

のどちらかでインマークを出します。

アウトマークも同様に、

  • キーボードの「 O 」を押す
  • プログラムパネル上の「 } 」をクリック

のどちらかで出します。

②カットしたい部分にマークを移動

カットしたい部分を挟むように、先頭にインマーク最後にアウトマークがくるよう移動させます。

③「抽出」でカットしたい部分の削除

プログラムパネル上の「抽出」ボタンをクリックし、カットしたい部分を削除します。

以上が、プログラムパネルでのカットの方法です。

先ほど解説した「抽出」の代わりに「リフト」を使うと、削除した部分が空欄になります。

カットした部分に他の素材を入れたい場合は、「抽出」ではなく「リフト」を使ってカットをするとクリップ移動の手間が省けますよ。

ソースパネルでのカット

ソースモニターでのカットは、素材動画から必要な部分を抜き取るカット方法です。

作業は、ソースパネル上でおこないます。

手順は、以下の4ステップです。

①素材をソースパネルに表示

プロジェクトパネル内にある素材動画をダブルクリックします。

すると、ソースモニターにその素材動画が表示されます。

②インマークを移動

素材の使用したい部分の先頭にインマークを移動させます。

③アウトマークを移動

素材の使用したい部分の最後にアウトマークを移動させます。

④タイムラインにクリップを挿入

ソースパネルの映像部分をクリックしながらつかみ、タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします。

以上が、ソースパネルでのカット方法です。

カット方法を使い分けるコツ

解説した4つのカット方法は、削除したい部分の大きさによって使い分ける必要があります

なぜなら、カットしたい部分は尺が長いところもあれば、短いところもあるからです。

1つのシーン丸ごと削除するのであればカット部分は大きく、1秒以下を削除するならカット部分は小さくなります。

解説した4つのカット方法を使い分けると、以下の図のようになります。

ソースモニタでのカットは、今回ご紹介した4つの方法の中で唯一、必要な部分を抜き出すカット方法です。

なので、素材動画から必要な部分を抜き出し、タイムラインで並べるときに便利です。

インマーク・アウトマークでのカットプログラムパネルでのカットは、マークで挟んだ範囲を一度にカットすることができます。

なので、タイムライン上の大まかな部分をカットするのに適した方法になります。

レーザーツールでのカットは、コマ送りを使って1フレーム単位でのカットも可能です。

細かいカット作業をおこなう場合には、レーザーツールを使うのが良いでしょう。

作業のステップでみると、下記のように使い分けるのがオススメです。

TPOに合わせて、カット方法を使い分けてみてください。

きれいにカットするプチテクニック

解説したカット方法に加えて、より滑らかにきれいにカットするためのプチテクニックを2つご紹介します。

波形に沿ってカットする

テクニックの1つ目は、クリップ上の波形を活用してカットすることです。

波形は、

  • 波打っているところ:音声あり
  • 直線のところ:無音

と判断することができます。

なので、波形が直線になるところから波打ち始める前までを削除するときれいにカットすることができます。

発音の弱い「サ行」などから始まる場合は、波打ち始める直前より1〜2コマ戻してカットすると上手くいきますよ。

私の経験では、上記のカット方法で2つのクリップをつなぎ合わせるとスラスラと話しているように編集することができます!

トーク系の編集で「どこをカットすればいいかわからない」と迷っている方は、ぜひ試してみてください。

話し始めと話し終わりは少し無音を残す

テクニックの2つ目は、話し始めと話し終わりは無音部分を少し残してカットすることです。

人が話すとき、

  • 話し始めにはボリュームアップ
  • 話し終わりにはボリュームダウン

が起こります。

つまり、話しの最初と最後にはちょっとした無音が生じるのです。

トーク系の編集をする場合には、話し始めと話し終わりに無音を残すことで、滑らかな話し方を再現することができますよ。

まとめ

今回は、Premiere Proの基本的なカット方法を複数ご紹介してきました。

場面に応じてカット方法を使い分けることで、効率的に作業を進めることができます。

複数のカット方法を使いこなして、スムーズできれいなカットをしていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。