Premiere Pro

背景のぼかし方は?Premiere Pro「ブラー」でぼかす方法

・動画で映したくないものが入ってしまったんだけど隠す方法ある?
・人の顔にモザイクかけたいんだけど、どうやるの?
・背景を少しぼかして、おしゃれな動画を作りたい!

と、ぼかしの入れ方について疑問を抱えている方のお悩みにお答えします!

Premiere Proでは、エフェクト1つで簡単にぼかしを入れることができます。

そこで今回は、Premiere Proで動画の背景をぼかす方法について解説していきます。

YouTuberの動画編集の際、私が実際に使っている方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

この記事を読めば、プライバシーを守るためにぼかしを入れたり、背景をぼかしておしゃれな動画にする編集スキルが身につきますよ!

Premiere Proで動画の背景をぼかす方法

Premiere Proを使って動画の背景をぼかすには、ブラー(ガウス)を使います。

ぼかしのエフェクトは他にもありますが、ブラー(ガウス)は、画像のぼかしが柔らかく、最も使いやすいぼかしのエフェクトです。

実際、多くのYouTuberが利用しており、解説動画でもブラー(ガウス)のぼかしの入れ方が取り上げられています。

以下で、ブラー(ガウス)を使ったぼかしの入れ方を詳しく解説していきます!

ブラー(ガウス)でぼかしを入れる方法

エフェクトの適用方法がわからないって方は、こちらの記事↓を参考にしてみてください!

①エフェクトパネルからブラー(ガウス)を選択

エフェクトパネルの検索窓で「ブラー」と検索します。

②ぼかしを入れてたいクリップにエフェクトを適用

ドラックアンドドロップでぼかしを入れたいクリップにブラー(ガウス)を適用します。

エフェクトコントロールパネルを開き、ブラー(ガウス)の項目が追加されていればOKです。

③ぼかしの値を調整

エフェクトコントロールパネル上でブラーの数値を指定し、ぼかしの強さを調整します。

これで、画面全体をぼかすことができました。

エフェクトコントロールパネルの調整

ぼかしの細かい調整は、エフェクトコントロールパネルの3項目でおこないます。

  • ブラー
  • ブラーの方向
  • エッジピクセルを繰り返す

以下で、詳しく解説します!

ブラー

ブラーは、ぼかしの強さを調整する項目です。

数値を上げると、ぼかしが強くなります。

ブラーの方向

ブラーの方向は、ぼかしの入れ方を調整する項目です。

水平垂直水平および垂直の3つからブラーの入る方向を選ぶことができます。

それぞれで見え方も違うので、下記の画像↓を参考にしてみてください!

エッジピクセルを繰り返す

エッジピクセルを繰り返すは、端をぼかすか否かを決める項目です。

✓を入れると端がくっきりし、✓を入れないと端もぼかしが入ります。

部分的にぼかしを入れる方法

先ほどのブラー(ガウス)を使って、部分的にぼかしを入れることもできます。

以下で、詳しく解説していきます。

部分的にぼかしを入れる方法

①マスクを選択し、対象に合わせる

円形、長方形、ペンツールのいずれかのマスクを選びます。

すると、プログラムパネルに選択した形のマスクが現れます。

マスクをつかんでぼかしたい対象上に移動させ、■の部分をつまんで大きさを整えます。

ペンツールを選んだ場合は、ぼかす対象が隠れるように囲います。

②エフェクトコントロールパネルでぼかしの調整

エフェクトコントロールパネル上でブラーの数値を上げて、ぼかしの強さを調整します。

これで、部分的にぼかしを入れることができました。

エフェクトコントロールパネルの調整

部分的にぼかしを入れるために使ったマスクは、調整できる項目が4つあります。

  • マスクの境界のぼかし
  • マスクの不透明度
  • マスクの拡張
  • 反転

それぞれの役割について、以下で解説していきます。

マスクの境界のぼかし

マスクの境界線をどのくらいの範囲ぼかすか調整する項目です。

マスクの不透明度

マスクの透明度を調整する項目です。

値を下げるほど、ぼかしが薄くなります。

マスクの拡張

マスクをどのくらい広げるか調整する項目です。

反転

反転にチェックを入れると、マスクの外側にブラーをかけることができます。

エフェクトコントロールパネル上で、これら4項目を調整し、ぼかしを調整しましょう。

動きに合わせてぼかしを追従させる方法

Premiere Proでは、対象の動きに合わせて部分的なぼかしを追従させることができます。

追従させる二は、時間経過によってエフェクトを変化させるキーフレームを使います。

キーフレームの調整については、こちらの記事を参考にしてみてください。

追従させる方法は、2つあります。

  1. 自動で追従させる方法
  2. 手動で追従させる方法

それぞれの方法について、以下で解説していきます。

方法①自動で追従させる方法

①マスクをかける

上記で解説した方法で、ぼかしたい対象にマスクをかけます。

②▶︎ボタンを押す

マスクパスの隣にある時計マークをクリックし、▶︎ボタンを押します。

すると、自動で対象を追い、対象の動きに合わせてキーフレームを打ってくれます。

自動で追従させる方法は、これだけです!

Premiere Proが自動でやってくれる、かつ正確なのでとても楽です。

しかし、対象からズレてしまっている場合もあります。

もしズレが生じている場合は、次に説明する「手動で追従させる方法」で微調整を行ってください。

方法②手動で追従させる方法

①時計マークをクリック

マスクを選択した状態で、マスクパスの時計マークをクリックします。

すると、再生ヘッドの位置でキーフレームが打たれます。

②対象に合わせてキーフレーム

再生ヘッドを動かしながら、対象の動きに合わせてマスクを移動させ、キーフレームを打ちます。

キーフレームは、六角形マークをクリックして打ちます。

これの繰り返しです!

手動のやり方は、細かい動きを調整するのに向いていますが、時間がかかります。

オススメは、①自動で追従 → ②手動で微調整 のやり方です。

双方を使いこなして、効率良く進めてみてください!

まとめ

今回は、ブラー(ガウス)のエフェクトを使ったPremiere Proで動画の背景をぼかす方法について解説してきました。

せっかく撮影した動画に、映したくないものが入っていた!なんてときは、今回ご紹介したぼかしを入れる方法を使って編集してみてください!

その動画を没にすることなく、生かすことができますよ!

動画編集をしている方々の力に少しでもなれていたら幸いです。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。