お悩み相談 PR

VlogのクオリティがUPする!抑えておくべきオススメの撮影機材

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

最近ではVlogに挑戦している人も増えましたが、まだまだスマートフォンのみで撮影している方も多いのではないでしょうか?

・Vlog撮影をスマホからカメラに移行したい
・カメラは準備したけど、他にどんな機材がいるんだろう
・撮影をもっと効率化できるアイテムとかあるのかな?

と、悩んでいる方もいると思います。

そこで今回は、VlogのクオリティがUPする、抑えておくべき撮影機材やカメラについて解説していきます。

【この記事は、約3分で読めます】

Vlog撮影をスマホから卒業するには!?

Vlog撮影はスマートフォンでも十分おこなうことはできます。

しかし、カメラでの撮影に切り替えることで、

  • 美しい映像
  • クリアな音声
  • ぼかしなどの効果

など、動画の幅が広がります。

私は、スマートフォンからZV-1SONY)にカメラをグレードアップさせ、現在はα7C(SONY)を使用して撮影しています。

ちなみにレンズは、下記のものを使用しています。

おすすめカメラの詳細については、こちらの記事にまとめていますので参考にしてみてください。

カメラ以外でVlog撮影に必要な機材とは!?

撮影をスムーズに進めながら綺麗な映像を撮影するには、カメラだけでなくその他の機材も準備しておくのがオススメです。

今回は、私の経験から「これは揃えておいて!」というアイテムを4つご紹介します。

SDカード

カメラで撮影する場合は、SDカードも準備しましょう

カメラで撮った動画は、そのままでは編集ができないのでデータをデバイスに移行する必要があります。

データ移行には、SDカードが必要です。

容量としては32GB64GB128GBなどがあり、容量が大きくなればなるほど価格も上がります。

私の経験的には、64GB〜128GBくらいあれば長時間の撮影データであっても保存できると思います。

ご自身の撮影スタイルや尺などに合わせて、SDカードも用意しましょう。

三脚

定点から撮影するスタイルのVlogを考えているならば、三脚もあると便利です。

Aneva 三脚 一脚可変 4段 177cm コンパクト アルミ製 3Way雲台 水準器付き クイックシュー式 一眼レフ ビデオ カメラ対応 キャリングバッグ 日本語説明書付き

三脚があれば手持ちで撮影する必要がないので、ブレない綺麗な映像を撮ることができます

また、高さを調整できる三脚を使用すれば、高いところにあるものを撮れるだけでなく、商品レビュー料理シーンなどによくある上から見下ろす形での撮影も可能です。

カメラを三脚に取り付けるには少し手間がかかるので、下記のようなアイテムも使用すると撮影前の小さなストレスも軽減できますよ。

ジンバル

手持ちで撮影するスタイルのVlogを考えているならば、ジンバルがあると便利です。

シンバルとは、撮影時に発生する手ブレを補正してくれる機材です。

Bluetoothで接続することでカメラの設定を手持ち部分で切り替えられるものや三脚も備えているものなど、さまざまな種類があります。

ジンバルではありませんが、ZV-1と一緒に使用するのであれば下記のアイテムもオススメです。

JJC GP-VPT1 有線リモートググリップ 自撮り棒 VLOG三脚 Sony ZV-1 RX100 VII VI VA V IV III II A6000 A6100 A6300 A6400 A6500 A6600 対応

カメラは三脚で固定し、離れたところからでもレコードボタンを押すことができて◎

外部マイク

映像だけでなく音声にもこだわりたい場合は、外部マイクがあると便利です。

created by Rinker
¥8,880 (2024/05/18 02:16:36時点 楽天市場調べ-詳細)

カメラ本体にも内臓マイクは備わっていますが、外部マイクがあればよりクリアな音声を撮ることができます

屋外の自然音や料理中の作業音など、音声をよりこだわって撮りたい場合には外部マイクを取り付けて撮影しましょう。

まとめ

今回は、VlogのクオリティがUPする、抑えておくべき撮影機材やカメラについて解説しました。

スマートフォンでも良いですが、カメラやその他の撮影機材があればよりハイクオリティなVlogを作ることができます。

今回の解説を参考に、ぜひスマートフォン以外の撮影機材も検討してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。