Premiere Pro

動画をおしゃれにする!Premiere Proのフィルター活用法

動画の印象はカットやテロップだけでなく、動画の色調によっても変わってきます。

・動画の色味を変えておしゃれな感じにしたい
・映画っぽい雰囲気にしたいけど、どうやればいいんだろう…
・動画の色調を簡単に調整できる方法があればいいのに…

と悩んでいませんか?

色調は、細かなカラーバランスの調整が必要で、初心者には難しい印象があります。

しかし、Premiere Proでは「Lumetriカラー」のフィルターを使うことで、初心者でも簡単に色調を調整することができます。

そこで今回は、Premiere Proのフィルターで動画をおしゃれにする方法を解説していきます。

YouTuberのVlog編集で私が実際に使っているおすすめフィルターも紹介していきますね。

【この記事は、約5分で読めます】

動画編集における色調の調整とは

動画編集における色調の調整は、

  • カラーコレクション
  • カラーグレーディング

の2種類があります。

撮影した素材シーンと見せ方によって、上記どちらか、あるいは両方の調整を行っていきます。

カラーコレクション

カラーコレクションとは、色の補正を行うこと

撮影環境によっては、素材が暗くなってしまったり、被写体の色が変色してしまうことがあります。

しかし、カラーコレクションを行うことで、正しい色味に補正することができます

カラーグレーディング

カラーグレーディングとは、色の加工を行うこと

素材シーンによっては、映画風に見せたり、幻想的に見せたりしたい場合があります。

その場合、カラーグレーディングを行うことで、素材シーンを意図した雰囲気に演出することができます。

フィルターで動画をおしゃれにする方法

Premiere Proで色調の調整をする手段の1つに、フィルターをかける方法があります。

フィルターとは、画面全体にかけるシートのようなもの。

先ほど解説した色調調整でいうカラーグレーディング寄りの調整になります。

フィルターをかけることで、素材のシーンを暖かく見せたり、明るく見せたり、様々な演出をすることができます。

Premiere Proでフィルターをかける方法は、複数あります。

しかし今回は、Lumetriカラー」を使ったフィルターのかけ方に特化してご紹介していきます。

Lumetriカラーのフィルターの使い方

Lumetriカラーとは、色の補正や加工をするためのツールです。

  • エフェクトパネルの「ビデオエフェクト」→「カラー補正」→「Lumetriカラー」
  • メニューバーの「ウィンドウ」→「Lumetriカラー」

上記の方法から、Lumetriカラーで調整していくことができます。

Lumetriカラーは、

  1. クリップに適用する方法
  2. 動画全体に適用する方法

の2つがあります。

それぞれの方法について、1つずつ解説していきます。

①クリップに適用する方法

Lumetriカラーは、クリップごとに適用することができます

順序は、以下の3ステップです。

①クリップを選択

Lumetriカラーを適用したいクリップを選択します。

②Lumetriカラーを適用

Lumetriカラーの適用には2つの方法があります。

1つ目は、エフェクトパネルから適用する方法です。

エフェクトパネルから「Lumetriカラー」を選択し、選択したクリップにドラッグアンドドロップします。

2つ目は、Lumetriカラーパネルから適用する方法です。

この場合、値や項目を指定することで、勝手に適用されます。

③フィルターの選択

最後に、素材にかけたいフィルターを選択していきます。

エフェクトコントロールパネル、またはLumetriカラーパネルを開き、「クリエイティブ」項目の「Look」からかけたいフィルターを選択していきます。

Lumetriカラーパネルでは、「Look」下のディスプレイでフィルターをかけた時の素材シーンを検証することができます。

かけたいフィルターが決まっていないときは、ディスプレイで検証してから適用すると便利ですよ!

②動画全体に適用する方法

Lumetriカラーは、動画全体にも適用することができます

順序は、以下の3ステップです。

①調整レイヤーを作成

調整レイヤーを作成していきます。

作成方法は、

  • プロジェクトパネル内の「新規項目」→「調整レイヤー」
  • メニューバーの「ファイル」→「新規」→「調整レイヤー」

のどちらかで作成が可能です。

プロジェクトパネル内に作成された調整レイヤーを、タイムラインパネルにドラッグアンドドロップすればOKです。

②調整レイヤーにLumetriカラーを適用

素材やテロップなど、フィルターをかけたいクリップのあるトラックよりに、調整レイヤーを配置します。

先ほど「クリップに適用する方法」で解説したやり方で、調整レイヤーにLumetriカラーを適用します。

③フィルターの選択

最後に、調整レイヤーに適用されたLumetriカラーでフィルターを選択していきます。

フィルターの選択方法は、先ほど解説した「クリップに適用する方法」と同様です。

おすすめのフィルター3選

ここで、私が実際に使っている、おすすめのフィルターを3つご紹介します!

①Fuji F125 Kodak 2395 (by Adobe)

Vlog動画を編集するときによく使用するフィルターです。

少しオレンジがかった感じで、暖かく、やわらかい印象に変えてくれます。

②SL BIG 

被写体をビビットに見たいときに使用するフィルターです。

素材よりも鮮明に色付くので、くっきりとした、鮮やかな印象に変えてくれます。

③Monochrome Kodak 5218 Kodak 2395 (by Adobe)

素材シーンをモノクロにしたいときに使用するフィルターです。

白色がはっきりとしたモノクロで、凛とした冷たい印象に変えてくれます。

場面転換や衝撃的なシーンで使うのにむいているフィルターです。

まとめ

今回は、Lumetriカラーのフィルターで動画をおしゃれにする方法を解説しました。

フィルターを使いこなすだけで、動画の印象は大きく変わります。

Lumetriカラーのフィルターを使えば、難しい調整は必要ありません!

初心者でも簡単にできるので、ぜひ活用してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。