Premiere Pro

クリップの移動法すべて知ってる?Premiere Proの効率化術

今回は、Premiere Proでクリップを移動させる方法をご紹介します。

Premiere Proでクリップを移動する方法は、1つだと思っていませんか?

実は、Premiere Proにはキーボードと組み合わせた効率的なクリップ移動の方法も存在します

そこで今回は、チャンネル登録2000人超え、収益化しているYouTuberの動画編集で、実際に私が使っている方法を解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

Premiere Proでクリップを移動させる方法【基本編】

まずは、基本的なクリップの移動方法である、

  1. クリップの単純な移動
  2. クリップを複数選択して移動
  3. クリップ後方を全て選択して移動
  4. クリップ前方を全て選択して移動

の4つをご紹介します。

以下で、1つずつ解説していきます。

クリップの単純な移動

クリップ1つを移動させる方法です。

ツールパネル内の「選択ツール」を選びます。

移動させたいクリップを選択します。

選択したクリップをつかみ、移動先まで持っていって放します。

以上がクリップを単純に移動させる方法です。

クリップを複数選択して移動

隣接した複数のクリップを選択して、移動させる方法です。

ツールパネル内の「選択ツール」を選びます。

移動させたいクリップ部分をドラッグで選択します。

選択したクリップの塊をつかみ、移動先まで持っていって放します。

以上が複数のクリップを移動させる方法です。

この方法は、隣接した複数のクリップしか選択することができません

離れた位置にある複数のクリップを選択して移動させたい場合は、「Shift」キーを使ったクロップ移動の方法があります。後ほど、解説します。

③クリップ後方を全て選択して移動

「トラックの前方選択ツール」を使って、選択したクリップより後方にある、全てのクリップを移動させる方法です。

ツールパネル内の「トラックの前方選択ツール」を選びます。

移動させたいクリップ部分の先頭クリップをクリックします。すると、そのクリップより後方の全クリップが選択されます。

そのまま選択したクリップの塊をつかみ、移動先まで持っていって放します。

以上が「トラックの前方選択ツール」を使ったクリップ移動の方法です。

クリップ前方を全て選択して移動

「トラックの後方選択ツール」を使って、選択したクリップより前方にある、全てのクリップを移動させる方法です。

先ほど解説した「トラックの前方選択ツール」の反対版になります。

ツールパネル内の「トラックの後方選択ツール」を選びます。

移動させたいクリップ部分の最終クリップをクリックします。すると、そのクリップより前方の全クリップが選択されます。

そのまま選択したクリップの塊をつかみ、移動先まで持っていって放します。

以上が「トラックの後方選択ツール」を使ったクリップ移動の方法です。

クリップ移動を効率化させる方法【発展編】

続いて、より効率的にクリップ移動ができる方法をご紹介します。今回は、

  1. クリップを複数選択して移動
  2. クリップを複製して移動
  3. クリップを移動して挿入
  4. 全体の長さを変えずにクリップ移動して挿入

の4つです。

1つずつ、解説していきます。

クリップを複数選択して移動:Shift

複数のクリップを選択して、移動させる方法です。

先ほど解説したドラッグアンドドロップで選択する方法とは違い、離れた複数のクリップでも選択して移動することができます

ツールパネル内の「選択ツール」を選びます。

移動させたいクリップをShift」を押しながら選択します。

選択したクリップの1つをつかみ、移動先まで持っていって放します。

以上が「Shift」キーを使ったクリップ移動の方法です。

②クリップを複製して移動:Alt

選択したクリップを複製して、移動させる方法です。

ツールパネル内の「選択ツール」を選びます。

複製したいクリップをクリックで選択します。

Alt」を押しながら、選択したクリップをつかみ、移動先まで持っていって放します。

以上が「Alt」キーを使ったクリップ移動の方法です。

この方法は、複数のクリップを選択していても可能です。

その場合は、ドラッグアンドドロップ、または、「Shift」キーを使って複数のクリップを選択してからおこないましょう。

クリップを移動して挿入:Ctrl

選択したクリップを移動させて挿入する方法です。

ツールパネル内の「選択ツール」を選びます。

移動させたいクリップを選択します。

Ctrl」を押しながら、選択したクリップをつかみ、移動させて放します。

2つのクリップ間に挿入する場合

矢印のついた点線がクリップの切れ目のところにきたら放します

スナップ機能」を使うと、より簡単に移動させて挿入することができます。「スナップ機能」については、こちらの記事を参考にしてみてください。

1つのクリップを分割して挿入する場合

矢印のついた点線が挿入したいところにきたら放します
すると、クリップが2つに割れて、その間に移動させたクリップが入ります。

以上が「Ctrl」キーを使ったクリップ移動の方法です。

全体の長さを変えずにクリップ移動して挿入:Ctrl+Alt

動画全体の長さを変えずにクリップを移動させる方法です。

ツールパネル内の「選択ツール」を選びます。

移動させたいクリップを選択します。

Ctrl+Alt」を押しながら、選択したクリップをつかみ、移動させて放します。

2つのクリップを入れ替える場合

矢印のついた点線がクリップの切れ目のところにきたら放します
すると、クリップを入れ替えることができます。

「スナップ機能」を使うと、より簡単に移動させて挿入することができます。「スナップ機能」については、こちらの記事を参考にしてみてください。

1つのクリップを分割して挿入する場合

矢印のついた点線が挿入したいところにきたら放します
すると、クリップが2つに割れて、その間に移動させたクリップが入ります。

以上が「Ctrl+Alt」キーを使ったクリップ移動の方法です。

まとめ

今回は、Premiere Proでクリップを移動させる方法を解説しました。

解説してきたように、Premiere Proにはクリップ移動の方法がいくつも存在します。

ご自身が頻繁に使う移動方法だけでも覚えて、効率的な編集作業ができるようにしていきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。