Premiere Pro

再生ヘッドはショートカットで移動!Premiere Pro効率化術

今回は、Premiere Proで再生ヘッドを移動させるショートカットキーをご紹介します。

Premiere Proの編集中、

・1フレーム分だけ再生ヘッドを進めたいんだけど…
・マウスを使わずに再生ヘッドって移動できないの?

など、再生ヘッドを効率よく移動させたいと思っていませんか?

Premiere Proでは、ショートカットキーを使うことで簡単に再生ヘッドを移動させることが可能です。

そこで今回は、収益化しているYouTuberの動画編集で、実際に私が使っている方法を解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

【Premiere Pro】再生ヘッド移動のショートカット

まずは、基本的な再生ヘッドを移動させるショートカットキーの

  1. 再生ヘッドを再生/停止
  2. 再生ヘッドを1フレーム移動
  3. 再生ヘッドを5フレーム移動
  4. 再生ヘッドを編集点へ移動

の4つをご紹介します。

以下で、1つずつ解説していきます。

再生ヘッドを再生/停止

再生ヘッドを再生/停止するショートカットキーです。

使用するショートカットキーは、以下の通り。

  • スペースキー:再生/停止

スペースキーを使った再生/停止は、基本動作になります。

必ず覚えておきましょう!

再生ヘッドを1フレーム移動

再生ヘッドを1フレームだけ移動させるショートカットキーです。

使用するショートカットキーは、以下の通り。

  • :右に1フレーム移動
  • :左に1フレーム移動

タイムラインパネルを選択した状態で使用できます。

再生ヘッドを5フレーム移動

再生ヘッドを5フレーム移動させるショートカットキーです(Windowsの場合のみ)。

使用するショートカットキーは、以下の通り。

  • Shift+→:右に5フレーム移動
  • Shift+←:左に5フレーム移動

こちらもタイムラインパネルを選択した状態で使用できます。

再生ヘッドを編集点へ移動

再生ヘッドを前または次の編集点へ移動させるショートカットキーです。

使用するショートカットキーは、以下の通り。

  • :前の編集点へ移動
  • :次の編集点へ移動

こちらもタイムラインパネルを選択した状態で使用できます。

以上が、基本的な再生ヘッドを移動させるショートカットキーになります。

再生ヘッド移動の効率化ショートカット【発展編】

続いて、再生ヘッドの移動をより効率的におこなえるショートカットキーの、

  1. シーケンスの最初/最後へ再生ヘッドを移動
  2. 選択クリップの最初/最後へ再生ヘッドを移動
  3. 早送りで再生ヘッドを移動
  4. 再生ヘッドの前後を再生

の4つをご紹介します。

以下で、1つずつ解説します。

シーケンスの最初/最後へ再生ヘッドを移動

動画全体の一番最初と一番最後に再生ヘッドを移動させるショートカットキーです。

使用するショートカットキーは、

  • Home:シーケンスまたはクリップ開始位置へ移動
  • End:シーケンスまたはクリップ終了位置へ移動

こちらもタイムラインパネルを選択した状態で使用できます。

選択クリップの最初/最後へ再生ヘッドを移動

選択しているクリップの最初/最後に再生ヘッドを移動させるショートカットキーです。

使用するショートカットキーは、

  • Shift+Home:選択したクリップの開始位置へ移動
  • Shift+End:選択したクリップの終了位置へ移動

こちらもタイムラインパネルを選択した状態で使用できます。

早送りで再生ヘッドを移動

再生ヘッドを早送りで移動させるショートカットキーです。

使用するショートカットキーは、

  • L:右へシャトル
  • J:左へシャトル

再生ヘッドの前後を再生

再生ヘッドを少し前に戻して再生するショートカットキーです。

使用するショートカットキーは、

  • Shift+K:前後を再生

こちらのショートカットは、カット編集で動画が綺麗につながっているか確認するときに役立ちます!

ショートカットを使ったカット編集と合わせて使うと、より効率的です。

ショートカットを使った効率的カット編集の方法は、こちらで解説しています。参考にしてみてください。

まとめ

今回は、Premiere Proで再生ヘッドを移動させるショートカットキーを解説してきました。

ショートカットキーを使えば、タイムラインパネルの移動をより速く行うことができます。

編集効率UPのためにも、ショートカットキーを使った編集に慣れていきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。