Premiere Pro

背景を白くする!Premiere Proカラーマットの使い方

動画編集をしていると、白い背景を入れたいってことありますよね!?

Premiere Proでは、デフォルトで黒く表示される背景を白にすることができます。

そこで今回は、Premiere Proで背景を白くする方法について解説していきます。

動画編集の際、私が実際に使っている方法を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【この記事は、約3分で読めます】

Premiere Proで背景を白くする方法

Premiere Proでは、シーケンスにクリップがないと背景が黒く表示されます。

しかし、これは背景が黒というわけではなく、透明」で何もないという意味

そんな空っぽの背景を白くするには、カラーマットを使用していきます。

手順は、以下の3ステップです。

①カラーマットを新規作成

以下3つの方法から、カラーマットの作成を選択します。

  • メニューバーの「ファイル」→「新規作成」→「カラーマット」
  • プロジェクトパネルの「新規項目」→「カラーマット」
  • プロジェクトパネルで右クリック→「新規項目」→「カラーマット」

現れた小さなウィンドウで、カラーマットのサイズを指定します。

全面に表示する場合は、幅:1920、高さ:1080」のままOKで大丈夫です。

カラーピッカーという小さなウィンドウから、色を選択、または、数値・コードを指定して色を選択します。

カラーを白にする場合は、ピッカーを白の端に持っていくか、「R:255、G:255、B:255」、または、「#FFFFFF」と指定しましょう。

カラーマットの色がわかるように新規カラーマット名」を入力し、OKをクリック。

これで、カラーマットが作成できました。

②タイムラインに挿入

プロジェクトパネル内のカラーマットを選択し、タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします。

カラーマットを白背景にして使う時は、素材となる動画や画像より下のトラックに挿入しましょう!

③素材の位置・スケールを調整

白背景に合わせて、素材の位置やスケールをエフェクトコントロールパネルで調整しましょう。

以上で、背景を白く編集することができました。

カラーマットを使う時に抑えるべきポイント

カラーマットの使い方は、いたって簡単。

しかし、「ここは抑えておくべき!」というポイントがいくつかあります。

今回は、よく使ったり、迷ったりしそうな3つのポイントを解説します。

①カラーマットは素材の下に挿入する

先ほど、カラーマットの挿入のところでも触れましたが、カラーマットを背景として使う場合は、素材の動画や画像より下のトラックに挿入する必要があります。

挿入するトラックが違うだけで、見え方が変わってしまいますので注意しましょう!

②別の色を使う場合は再び作成する

一度、作成したカラーマットは、色を変更すると全て変わってしまいます。

場面によってカラーマットの色を変えたい場合は、色ごとにカラーマットを作成するようにしましょう!

作成したカラーマットの色を変えるには、

  • プロジェクトパネル上のカラーマット上でダブルクリック
  • タイムライン上のクリップでダブルクリック

のどちらかから、カラーを再選択することで変更できます。

③不透明度の調整で半透明も可能に

カラーマットは、不透明度を調整することで半透明にすることも可能です。

不透明度の調整は、カラーマットのクリップを選択してからエフェクトコントロールパネルの不透明度の数値を指定しましょう。

まとめ

今回は、Premiere Proで背景を白くする方法について解説しました。

カラーマットを使うだけで、真っ黒だった動画の背景を白に変えることができます。

使い方を一度、覚えてしまえば、いろいろな編集スキルにも応用できますので、活用してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。