ブログ

自分を除外!Googleアナリティクスオプトアウトアドオン設定方法

ブログを開設後、ほとんどの方がGoogleアナリティクスでサイト解析をするでしょう。

でも、

・自分のアクセスもカウントされてしまう
・自分のアクセスを抜いた正確なデータが測定したい

と悩んでいませんか?

Googleアナリティクスは、ある拡張機能を使うことで自分のアクセスをデータから省くことができます。

そこで今回は、私も実際に利用している「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」について解説していきます。

ブログ初心者でも簡単に設定できるので、ぜひ参考にしてみてください。

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンとは?

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンとは、サイト所有者によるウェブサイトへのアクセスデータなどをGoogleアナリティクスに送らないようにするものです。

Googleアナリティクス ヘルプにも、下記のように明記されています。

サイト操作のデータが Google アナリティクスに送られないようにするには、Google アナリティクス オプトアウト アドオンをインストールします。

参考:Google アナリティクス オプトアウト アドオン

つまり、Googleが公式でオススメする「自分のアクセスを除外する方法」なのです。

ブログを開設し、Googleアナリティクスを使っている人にとって、「自分のアクセスを除外したい」というのは共通の悩みだと思います。

設定方法を解説しますので、ぜひ、ご自身のブラウザにも設定してみてください。

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンの設定方法

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンの設定は、たったの3ステップです。

以下で、順序を解説していきます。

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンの設定方法

※今回は、Chromeでの設定方法になります。

①Googleアナリティクス オプトアウト アドオンにアクセス

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンにアクセスします。

②「Chromeに追加」をクリック

「Chromeに追加」のボタンをクリックします。

③「拡張機能を追加」をクリック

小さなウィンドウが出てきますので、「拡張機能を追加」のボタンをクリックします。

上記の3ステップをおこない、ブラウザに拡張機能のマークが表示されていればOKです。

以上で、Googleアナリティクス オプトアウト アドオンを設定することができました。

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンはブラウザごとに設定する必要があります。
ブラウザとは、Chrome、Internet Explorer 11、Safariなど、サイトを見るときに使用する媒体のことです。ブラウザごとに設定する必要があるため、Googleアナリティクスを使う頻度が高いブラウザに設定しておくことをオススメします!

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンの確認方法

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンが設定されているかは、「拡張機能」から確認することができます。

きちんと適用されているか確認したい場合は、以下の方法で確認してみましょう。

※今回は、Chromeでの確認方法になります。

①「Google Chromeの設定」をクリック

ブラウザの右上にある3つの点(「Google Chromeの設定」)をクリックします。

②「その他のツール」→「拡張機能」をクリック

出てきたウィンドウから「その他のツール」→「拡張機能」の順にクリックします。

③「ON」になっているか確認

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンの項目が、ONになっているか確認します。

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンをOFFにしたい場合も、上記の手順で拡張機能のページを開き、チェックを外しましょう!

また、削除したい場合も、削除ボタンから実行できます。

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンのメリットとデメリット

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンは、簡単に設定できるなどのメリットがある一方、ブラウザごとに設定しないといけないなどのデメリットもあります。

メリット、デメリットと理解した上で、利用しましょう。

メリット

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンのメリットを3つご紹介します。

  1. 初心者でも簡単に設定できる
  2. IPアドレスが変わっても大丈夫
  3. Googleアナリティクスでの設定が不要

以下で、詳しく解説していきます。

①初心者でも簡単に設定できる

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンの1番のメリットは、初心者でも簡単に設定できるということ。

上記でも解説したように、設定方法はたったの3ステップ

なので、ブログを始めたばかりの初心者でも簡単に設定できるありがたい機能ですよ。

②IPアドレスが変わっても大丈夫

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンは、IPアドレスが変わっても適用されます

IPアドレスとは、インターネット上で、パソコンやスマホなどの機器を識別するための番号のこと。

つまり、設定していれば、パソコンが変わっても同じブラウザならアクセスを除外してくれるのです。

複数のパソコンからサイトにアクセスする方には、便利な機能ですよ。

③Googleアナリティクスでの設定が不要

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンは、Googleアナリティクスで設定する必要がありません

上記で解説した3ステップをおこなえば、簡単に設定できます。

なので、難しい操作なくすぐに設定したい人にも嬉しい機能ですよ。

デメリット

上記で、Googleアナリティクス オプトアウト アドオンのメリットを解説しましたが、デメリットも3つご紹介しておきます。

  1. ブラウザごとに設定が必要
  2. タブレット、スマホには対応していない
  3. Googleアナリティクス以外の解析ツールには使用できない

以下で、詳しく解説します。

①ブラウザごとに設定が必要

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンは、ブラウザごとに設定が必要になります。

なので、サイトを見るブラウザを固定していない方にとっては、メリットを感じにくいでしょう。

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンを利用できるブラウザは、

  • Chrome
  • Internet Explorer 11
  • Safari
  • Firefox
  • Opera

の5つです。

上記以外のブラウザを使用する場合はGoogleアナリティクス オプトアウト アドオンが使用できないということも、デメリットといえるでしょう。

②タブレット、スマホには対応していない

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンは、タブレット、スマホからのアクセスには対応していません

サイトをパソコン以外の機器から確認することが多い場合は、利用効果があまり感じられないでしょう。

③Googleアナリティクス以外の解析ツールには使用できない

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンは、他の解析ツールへはデータを送信しません

なので、Googleアナリティクス以外の解析ツールを使用している方にとっては無意味な機能です。

あくまでも、Googleアナリティクスを使って、サイト解析をおこなっている方向けになります。

まとめ

今回は、「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」について解説してきました。

Googleアナリティクスを使ってサイト解析をおこなっている方にとっては、とても便利な機能になります。

まだ設定していない方は、上記の手順で設定して正確な解析データを測定しましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。