ブログ

Googleアドセンスの審査!登録方法~コードの貼り方まで解説

「Googleアドセンス」という言葉を一度は聞いたことがあるという方は多いでしょう。

しかし、その仕組み、メリットやデメリットまで、きちんと理解しているでしょうか?

そもそも、Googleアドセンスの利用には、登録が必要になります。

そこで今回は、たった1日でGoogleアドセンスに合格した私が、「Googleアドセンスの仕組みから登録方法まで」を初心者の方でもわかりやすいように解説していきます。

Googleアドセンスとは?

Google AdSense(グーグルアドセンス)とは、個人(またはビジネス)の運営するウェブサイトに広告を表示させることで、サイト運営者が収益を得られるサービスです。

Googleアドセンス ヘルプにも、下記のように明記されています。

Google AdSense は、オンライン コンテンツから収益を得ることができるサイト運営者様向けのサービスです。
参考:AdSenseの仕組み

Googleアドセンスは、基本的に、クリックされると報酬が発生する「クリック報酬型広告」です。

また、閲覧ユーザーに関連性の高い広告内容を、Googleが勝手に掲載してくれます。

例えば、

  • 賃貸物件を探している人:住まいや住宅に関する広告
  • ブログの開設を考えてる人:サーバーやドメインサービスの広告

のような感じ。

サイト内で広告を掲載する場所さえ指定すれば、あとはGoogleが広告内容を勝手に選んでくれます。

Googleアドセンスのメリットとデメリット

Googleアドセンスに登録をする前に、メリットデメリットについても理解しておきましょう。

メリット

まずは、Googleアドセンスのメリットについて、3つご紹介します。

閲覧ユーザーに合わせてGoogleが自動的に広告を決めてくれる

先ほども解説したように、Googleアドセンスは、閲覧ユーザーに関連性の高い広告内容を選んで勝手に掲載してくれます

サイト運営者は、広告を掲載したい場所を選び、指定されたコードを入力するだけ。

なので、ブログ初心者でも比較的、簡単に広告掲載ができます。

クリック報酬型の広告である

Googleアドセンスは、クリックされると報酬が発生する「クリック報酬型広告」です。

商品・商材の購入に結びついて、はじめて報酬が支払われるものが多いアフィリエイトとは違い、アクセス数を集めることができれば報酬に繋がる可能性があります。

広告のリンクが切れることはない

Googleアドセンスは、広告を掲載する場所さえ指定すれば、広告のリンクが切れることはありません

アフィリエイトは、掲載期間が終わってしまうとリンクが切れてしまうこともありますが、Googleアドセンスにはそういった心配がありません。

デメリット

続いて、Googleアドセンスのデメリットについて、3つご紹介します。

広告内容を選べない

Googleアドセンスは、サイト運営者が広告内容を選ぶことはできません

表示された広告によっては、運営者の意図したサイトの雰囲気が損なわれてしまう可能性もあります。

利用するには比較的厳しい審査がある

ご存知の方も多いと思いますが、Googleアドセンスを利用するには、審査が必要です。

審査には明確な基準がありませんが、不合格になってしまった方も少なくないことから、比較的厳しい審査といえそうです。

後ほど解説する「合格するためにチェックすべきこと」を確認してから審査に臨みましょう。

ポリシーを守らないとペナルティがある

Googleアドセンスは、AdSenseプログラムポリシーを遵守していないと、ペナルティがあります

審査に合格すれば終わりではなく、審査後も常にチェックされています。

万が一、ポリシーに違反した場合は、広告掲載をストップ、またはアカウント自体を取り消されることもあるようです。

Googleアドセンスの登録方法

Googleアドセンスについて理解したところで、登録方法について解説していきます。

Googleアドセンスの登録に必要な3つのこと

Googleアドセンスに登録するためには、以下の3つが必要になります。

  1. Googleアカウント
  2. 銀行口座に登録された住所と電話番号
  3. 独自ドメインを取得したウェブサイト

参考:Google AdSense

Googleアドセンスに登録する前に、必ず準備しておきましょう

続いて、Googleアドセンスの登録方法を解説していきます。

Googleアドセンスの登録方法

Googleアドセンスへの登録は、以下の4ステップで完了します

  1. 申し込み
  2. <head>タグにコードを貼り付け
  3. 審査
  4. 合格通知

以下で、詳しい手順を解説していきます。

①申し込み

Step1:Googleアドセンスにアクセス

Googleアドセンスにアクセスし、「ご利用開始」をクリックします。

Step2:必要事項の入力

「お申し込み」画面で必要事項を入力していきます。

Step3:「支払先住所の詳細」の入力

支払いが届くように、「お客様情報」「名前と住所」を入力します。

<head>タグにコードを貼り付け

Step1:「AdSenseコード」をコピー

画面に出てきた「AdSenseコード」をコピーします。
青く「コピー」と書かれたところをクリックすればアドセンスコードがコピーされますよ。

Step2:ヘッダーにコードを貼り付け

WordPressの管理画面から「外観」→「テーマエディター」を開きます。

テーマヘッダー(header.php)を開き、<head>と<head>の間にコードを貼り付けます。

他のコード書き換えないように注意しましょう!
1つでもコードを書き換えてしまうと、サイトが上手く表示されなくなってしまいます。
慎重にコードを貼り付けましょう!

※JINを使用している方へ

テーマで「JIN」を使用している方は、「<>HTMLタグ設定」から【head内】にコードを貼り付けるだけでOKです。

コードを書き換えてしまう心配もないので、JINの方はこの方法をオススメします!

Step3:チェックを付けて完了をクリック

サイトにコードを貼り付けたら、Googleアドセンスのページに戻り、「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを付けて完了をクリックしましょう。

下記の画面が表示されたらOKです。

審査

以上で、審査される準備が整いました。

審査期間中、Googleアドセンスの画面では、下記のように表示されます。

Googleアドセンスの審査期間は、数日~2週間くらいと考えられます。

Googleアドセンス公式サイト
「有効化のプロセスは数日で終了する場合もあれば、2週間ほどかかる場合もあります」
参考:AdSense アカウントの完全有効化の所要時間

結果の通知メールがあるまで、待ちましょう!

合格通知

上記のようなメールが届くと、Googleアドセンスに合格です!

合格するためにのチェックすべきこと4つ

Googleアドセンスに合格するために、チェックすべき項目は主に以下の4つです。

  1. ポリシーを確認しましたか?
  2. オリジナルコンテンツですか?
  3. 記事数は十分ですか?
  4. 3つの固定ページを用意しましたか?

以下で、詳しく解説していきます。

ポリシーを確認しましたか?

最も大切なことが、Googleのポリシーを遵守したサイトであるかということです。

上記に、確認すべきGoogleのポリシーをまとめました。

Googleアドセンスの審査前には、必ず目を通し、違反する項目がないか確認しましょう。

オリジナルコンテンツですか?

サイト内のコンテンツにオリジナル性が欠ける場合、Googleアドセンスの審査に通りません。

これは、Googleアドセンスの審査に限ったことではありませんが、運営するウェブサイトではオリジナルコンテンツを制作するようにしましょう。

記事数は十分ですか?

一定の記事数がないと、価値のあるサイトだと判断してもらえず、Googleアドセンスの審査に通りません。

「何記事書けばOK」という明確な基準はありませんが、他のブロガーさんなどの情報からも、20記以上はあった方が良いと思います。

3つの固定ページを用意しましたか?

サイト運営者、情報の取扱方針などの明記も、Googleアドセンスの審査には必要です。

3つの固定ページとは、下記の3つです。

  • プロフィールページ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせフォーム

審査の前には、必ず準備しておきましょう

先ほども解説したように、Googleアドセンスには明確な審査基準がありません

なので、これから申請を考えている方にとって、審査合格時のブログ状況は気になるポイントだと思います。

下記の記事に、私がGoogleアドセンスに合格したときのブログ状況をまとめています。

気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は、「Googleアドセンスの仕組みから登録方法まで」を初心者でもわかりやすいように解説してきました。

Googleアドセンスは、ブロガーにとって1つの登竜門といえるでしょう。

審査までの道のりもなかなか大変ではありますが、少しでもこの記事が皆さんのお力になれていると幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。